サイト全体を見渡すには、最上部メニューから! 毎日更新中!  

【毎日ドイツ語・英語】🤗どうぞ(気にせず・安心して)😇落ち着いた【絶妙ニュアンス・心態詞・日常会話】#70

【毎日ドイツ語・英語】🤗どうぞ(気にせず・安心して)😇落ち着いた【絶妙ニュアンス・日常会話】#70

ruhig の使い方

微妙なニュアンスのお話でーす。

今回も、ネイティブの間ではすごく一般的でよく使われるのに、学習者にはあまり浸透してない表現を見ていきます。

これがなくても意味はもちろん通じるのですが、まあ、お料理での調味料のような役目をします。

恐らく、一旦慣れちゃうと、ヘビーローテーションで使うようになるでしょうし、自分の言いたいことを的確なニュアンスで言い表すことが出来て、とても便利な表現です。

 

日本語キーワード

落ち着いた・静かな・穏やかな・安らかな・平和な・のどかな・ゆったりとした

どうぞ(気にせず・心配なく・安心して・あれこれ言ってないで・ためらわず・遠慮せずに・構わず)

   

go ahead,

ruhig

   

英語には、このニュアンスのドイツ語に相当するような単語がないのですが、意味を当てはめると、どうぞ、という意味で、

  • go ahead…

がピッタリです。

【形容詞・副詞】静かな・穏やかな という意味の ruhig

まずは、基本の意味から。

このドイツ語 ruhig の元々の意味は、言うなれば、ちょっとガサガサしたもの(仕事・タスク・音など)から自由になる、っといったイメージです。

  • ruhig
  •  calm, quiet, cool, still, silent, peaceful
     静かな・平和な

特に、相手を落ち着かせたいときに、非常によく聞くと思います:

Ganz ruhig!
Bleib ruhig!
Sei ruhig!
 Stay calm! Calm down! Relax! Easy! Stay quiet!
 黙れ!静かにしてね。落ち着け・・。

言い方によって、黙れ!静かにしてね。落ち着け・・。などなど、訳せますね。

【命令形】での副詞的 ruhig 【心態詞】

さて今度は本題の、別の使い方、「どうぞ(気にせず・心配なく・安心して)」に相当する表現です。

主に会話の中で使われて、相手に物事を促すときに使います。

例えば、

  • Geh. VS Geh ruhig.

どちらも、行っておくれ、という意味ですが、後者の ruhig がある方が、柔らかく聞こえます。(もちろん、どちらも同じトーンで言った場合。怒鳴れば、ruhig があろうがなかろうが、身も蓋もありゃしませんがね・・。)

後者は、ニュアンスとしては、どうぞ私のことは構わず(先に)行ってね、ってな感じです。

  • Schlaf ruhig!
     Go ahead, and sleep.
     (構わないから・心配せずに)寝なさい。

  • Sag’s ruhig!
  •  Go ahead and say it!
  •  (ごちゃごちゃ言ってないで・ためらってないで・遠慮せずに・構わないから)言いなさい。

この様に、命令形のニュアンスを微妙に変えて相手に伝えることが出来るのでっす!

なかなか便利でしょ?

ruhig / go ahead…

   

あのさー、それでさー、っていうかさー。多分君は、気にもしないだろうし、っていうか、君には関係ないっていうかさー・・・

Ach… Hallo? Sag’s ruhig!

   

では、また明日!

  

他の【今日のドイツ語・英語】:

コメント

タイトルとURLをコピーしました