サイト全体を見渡すには、最上部メニューからどうぞ! 

【ドイツ語講座】意味が全く違う? beide 🆚 beides 🆚 die beiden どう使い分ける?【完全解説】

【ドイツ語講座】beide🆚beides🆚die beiden

beide 🆚 beides 🆚 die beiden キチンと使い分けよう!

ねえねえ、お茶とコーヒーどっちが好き?

うーん、両方!

じゃあさあ、緑茶と紅茶だったら?

うーん、両方!

英語の場合:

  • A: Which do you like better, tea or coffee?
    B: I like both.
  • A: Which do you like better, green tea or black tea?
    B: I like both.

と、日本語と同じような回答でオッケーですね。違和感なし。

ところが、ドイツ語だとそうは問屋が卸さない・・・。彼らにとっては違和感ありあり・・。

というわけで、beide🆚beides の使い分けと、更に一歩踏み込んで、冠詞があるのとないとでは意味が全く違ってくる beide🆚die beiden の使い分け、これらが今回のテーマです。

beide 🆚 beides 使い分け 【基本編】

では、まずは冒頭のくまとわんこのやり取りをドイツ語で見ていきましょう。

Was magst du lieber, Tee oder Kaffee?

Ich mag beides.

Was magst du lieber, grünen Tee oder schwarzen Tee?

Ich mag beide.

お茶かコーヒーかと聞かれた時には、beides。緑茶か紅茶か聞かれた時には、beide で答えてますね。

ドイツ語での使い分けはこうなっています: ドイツ語では「両方」を指すときに、基本的に、その両者が違う種類であるなら beides同じ種類だったら beide を使うのです。

私のような怠け者は、そんなのsがあるかないかだけなら、むにゃむにゃと小声にしちゃえば誤魔化せるっしょ!とまずは思っちゃいますが、文法的にも扱いが違うから困ったものです。

  例 

  • Was magst du lieber, Tee oder Kaffee?
    Ich mag beides.
    Beides schmeckt mir sehr.
  • Was magst du lieber, grünen Tee oder schwarzen Tee?
    Ich mag beide.
    Beide schmecken mir sehr.

念のため、beide の変化形をおさらいしておきましょう!


単数複数複数
Nominativ(主格=1格)beidesbeidedie beiden
Genitiv(属格=2格)beidesbeiderder beiden
Dativ(与格=3格)beidembeidenden beiden
Akkusativ(対格=4格)beidesbeidedie beiden

ということで、beides は単数形、beide は複数形扱いになってます。

冠詞がついた場合は、問答無用に全て beiden ですが、冠詞がない場合は beides beide 共に律義に変化するので注意が必要です。

まあ、今時2格を使うような人は滅多にいないので、これは覚えなくても良いかもですが・・。

さて、beides は違う種類のもの、beide は同じ種類のもの、ってことでした。

しかし!

それはモノの場合の話でして、人間について話しているときは、beide を使うともう決まっちゃってます。

まあまあ、同じ人間同士じゃないか!ってなことですね。

また、動物、特にペットなど話し手との距離が近いような動物の場合も、beide を使います。

  例 

   

 A: Wo sind Tom und Mark?

 B: Beide sind im Garten.

   

ここで、Tom と Mark がペットのぶたちゃんだっとしても上記と同じ表現になります。

beides: ⦅単数形⦆ 種類の違う2つのもの

beide: ⦅複数形⦆ 同じ種類の2つのもの 人・動物


beides は日本語だと「どっちも」、英語だと each of them って感覚で、beide は「両方」、both of them って感じかなー。

では、ここまでを踏まえ、例文を見ながら確認してみましょう。

  例 

   

  • Er kann beides: kochen und bügeln
  • Was willst du? Eis oder Cola? – Ich nehme beides.
  • Ich suche mein Buch und mein Handy. – Ich habe beides auf deinen Schreibtisch gelegt.
  • Wer ist zu Hause, Oma oder Opa? – Beide!
  • In New York habe ich zwei Wohnungen gesehen. Mir gefallen beide.
  • Sie hat den beiden Kollegen geholfen.
  • Ich bin mit beiden Produkten zufrieden.

   

beide 🆚 beides 使い分け 【例外編】

さてここまで、ふむむふなるほどねと来たものの、ちょっと待てい、種類がどうのこうの言ったって、お茶とコーヒーなんてどっちも飲み物だし、そんなに違うものと言えないんじゃない?誰が決めるわけ?

なーんて、思ったあなたは、私と同じくひねくれ者かも・・?はは。

しかし、実際これには一理あって、とどのつまり、話し手の視点によって変わってくる可能性があります。

以下の2つの文を比べてみましょう。

  例 

  • Ich habe einen Tisch und einen Stuhl neu gestrichen, beides gelb. (Tisch und Stuhl = 種類の違う2つの物)
  • Ich habe einen Tisch und einen Stuhl gekauft, beide in der Höhe verstellbar. (Tisch und Stuhl = 2つの家具)

どちらも間違いではなく、視点が違っているということなんですね。

全く別の物として捉えるのか、それとも、どちらも同じ家具と捉えるのか。

月とスッポンほど分かれていれば分かりやすいですが、結構微妙な場面に出くわすかもです。

なので、同じ種類のものと異なる種類のものを明確に区別することは、必ずしも可能ではないため、beides beide の線引きは、対象物によっては、時にあいまいになることが有り得るといえますね。

  

冠詞がつくとどうなる? beide 🆚 die beiden 使い分け

さてさて、ここまでの内容だと、人の場合に beide を使ってさえいれば、あとはちょっと間違えてたとしても致命傷には至らないだろうということでした。

しかし!

ここからは、die があるのとないのとでは、意味が全く違ってくる可能性があるものを見ていきます。

ここに花子さんと太郎さんがいます。

 Hanako ist verheiratet.

 Taro ist auch verheiratet.

 Beide sind verheiratet.

うんうん、2人とも結婚してるんだね。

ここに花子さんと次郎さんがいます。

 Hanako ist verheiratet.

 Jiro ist auch verheiratet.

 Die beiden sind verheiratet.

ん、花子さん・・・??あら?どうなってるの?不倫?それとも別の花子さん?

最初の花子さんと太郎さんの例は、確かに2人とも既婚者なんですが、正に既婚者であるというステータスを表現するのみで、他の意味はないんです。

でも、2番目の花子さんと次郎さんの例だと、2人とも既婚してるというステータスを表すと同時に、この2人が一緒に結婚状態にある、花子さんは次郎さんと結婚してる、という意味になるんです。

というわけで、花子さんと次郎さんが(願わくば熱烈に愛し合っている)お互いパートナー同士、一方、太郎さんは誰か別の人と結婚してる、ということなんですね。

では、別の例を。2人の子供が外で遊んでる場面を思い浮かべてみましょう。

  例 

1.Beide (Kinder) spielen.

2.Die beiden (Kinder) spielen.

1と2の場面、それぞれどのように、頭に描けましたか?

そうですね、1はそれぞれ別々に、2は一緒に遊ぶ姿が想像できたと思います。

どうやら、Die があることによって、一緒に・共に、といった連帯感が出ると言えそうです。

結婚などといった内容だと、あわや誤解を招きかねない大きな違うを生んでしまう可能性を秘めてる、冠詞、侮れませんねー・・。

あまりナーバスになる必要もないかとは思いますが、ネイティブにとっては冠詞があるのとないとでは、ニュアンスが違うことは結構あるようです。

状況や場面によっても違いますしね。

ではでは、更にちょっと掘り下げてみますが、以下は飛ばしてもらっても構いません。へへ。

例えば、トムとジェリーがいるとします。いつも喧嘩ばかりして一緒にいたためしがありません。それなのに、Aさんが、トムとジェリーはどこ?なんて聞いたときに、Bさんが、Die beiden sind im Garten. と、敢えて Die をつけて返事をすると、Aさんは、えー?なんて珍しい!と思うでしょう。Aさんはぼんやりと頭の中で、両者が一緒に何かをしてる場面を思い浮かべるかもしれません。うーん、或いは、取っ組み合いのケンカをしてる場面かも・・。はは。

更に言うと、これが、im Garten じゃなくて、in Tokyo だったとしましょう。その場合は、範囲が広すぎて、Aさんとしては、トムとジェリーが一緒にいるのか、それとも、同じ東京であっても東京内の全く別の地域に居るのか、判断はしにくいということになります。

beide 🆚 beides 🆚 die beiden まとめ

beide なんて小ネタ・・、と思いつつ、すっかり長くなってしまいました。スミマセン・・。

beides: ⦅単数形⦆ 種類の違う2つのもの

beide: ⦅複数形⦆ 同じ種類の2つのもの 人・動物

但し、人以外のモノについては、どっちもOKな場合が全く無いわけではない

die beiden: 連帯感を出す

では、最後にこの言葉で締めくくりたいと思います!

„Jein”: „Jein” bedeutet sowohl „Ja” als auch „Nein”, also beides.

ははは、これなら問答無用に beides だね!

なにか、気づきがあったらなら幸いです。

おしまい!

では、また次回!

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました