サイト全体を見渡すには、最上部メニューから! 毎日更新中!  

【完全解説】💙ドイツ語 gönnen の学校では教えてくれない正しい使い方【トレンドワード 英語で理解】

ご褒美

知っていると自慢できる絶対便利なドイツ語 gönnen 「(あなたには)その価値がある」「ご褒美する」

gönnnen 動詞

フォーム

  • 口語表現・(一応)スラング・ *以下、説明あり
  • 書きことば


シチュエーション

  • 頑張っている相手・自分に褒美する
  • 何か成果を出した相手・自分に褒美する
  • 第三者・相手を称賛する・サポートする・認める

ドイツ語のネイティブの人はものすごくよく使うのに、なぜかドイツ語学習者の間ではほぼ無名に等しい動詞 gönnnen 。

しかもかなり有名で大きな辞書や翻訳のサイトでさえ、少々とんちんかんな日本語訳になったりしていることが多いようです。

敢えて分類すれば、むしろスラングの部類に入るのかもしれないからでしょうか。

とは言え、この gönnen という単語は、1980年くらいから急激にとは言え、この gönnen という単語は、1980年くらいから急激に使われる頻度が高くなり、今もどんどん上昇中の息の長いトレンドワードなので、そのうちスラングという枠からは外されるかもしれません。

そこで今回は、誤解されて訳されることが多いのに、ちゃんと理解すれば絶対役に立つこの gönnen の正しい使い方を見ていきましょう。

これで、 今日から gönnen をバンバン使いこなせるようになるぞー!

意味・定義

では、使い方の前にちょっと辞書を確認してみましょう。

まずは独独辞書から:

  • jmdm. etw. wohlwollend, neidlos zugestehen, ohne Missvergnügen den Vorteil eines anderen mit ansehen
  • jmdm., sich etw. zukommen lassen, leisten

DWDS

次に、独英辞書:

gönnen [ˈgœnən] v/t

  • not to begrudge sb sth…
  • you have to spoil yourself occasionally…
  • to begrudge sb sth…

langenscheidt

独独だと理解できても、独英の方だと、なんだかよく分かったような分からないような・・・

この単語の意味をもっと簡単に英単語で表すなら、むしろこっちになると思います:

meaning
  • treat oneself
  • deserve
  • indulge
  • allow
  • grant

gönnen を理解をするときに、考え方として一番重要になってくる感情は、嫉妬心がないことでして、変に羨ましがったり嫉妬したりすることなく、他の人を快く認めるというような意味なんですね。

そして、それを自分自身に使うとなると、

  • ご褒美をする

というようなニュアンスになってくるわけです。

使い方・例文

形としては

  • jdm. etw. gönnen  
  • 人(Dat.)物(Akt.)gönnen

です。

例文

treat の例:

  • Ich gönne mir jetzt eine kleine Pause.
  • Gönne dir doch ein paar Tage Ruhe!
  • Wenn Sie ein Ziel zu erreichen, gönnen Sie sich.
  • Gönnen wir uns ein Eis!

   

deserve の例

  • Ich gönne dem Fußballspieler den Erfolg nicht.
     I don’t think the soccer player deserves the success.

ここに至るまでに仕事なり勉強なりと、何かしら頑張ったわけだから、ご褒美があって良いはずだ・当然だというニュアンスになってます。

sich を使って、主語と対象人物が同じ場合、treat の意味合いが強く、そうではなく上記の最後の例のように、私が主語で対象人物がサッカープレイヤーの場合、deserve のような意味になってきます。

いずれにせよ、

対象が本人であろうが、あるいは他人であろうが、気持ち良く認める・褒美するという気持ちが、この gönnen に込められている

わけですね!

ですから会話の中で、例えば、普段倹約を頑張っているお相手がどうしよう寿司にしたいけどちょっと高いしなぁとか、仕事を頑張った後でお酒を飲もうかなーとか、そういった時に、今まで頑張ったんだからちょっと自分にご褒美しなよという意味で:

  • Gönn dir!

と、促してあげましょう。

どうしよう寿司にしたいけどちょっと高いしなぁ

DU
DU

Ach, es ist auch nicht so teuer! Gönn dir!

今日はお酒にしちゃおっかなー?

DU
DU

Na klar! Gönn dir! Man lebt nur einmal!

また、自分一人だけでなく、一緒にアイスを食べよう、と言いたい時に

Lass uns ein Eis essen gehen! だと、ごく普通にアイスを食べに行こうよ、という意味になりますが、これをあえて、

  • Gönnen wir uns ein Eis!

と言うと、頑張ったことに対するご褒美としてアイスを食べようよ!というニュアンスが生まれます。

逆に特に何も頑張ってないのにこう言うと、何にも頑張ってないやんーっと、ツッコミが入るかもしれませんねー。🤣

gönnen する人 見返り期待せず応援す!

それでは動詞の意味がわかったところで、その行為をする人のことも覚えておきましょう。

  • Gönner / Gönnerin
Gönner / Gönnerin

der(die) Gọ̈n·ner (Gọ̈n·ne·rin) <-s, ->
 jd, der andere, besonders Künstler, finanziell unterstützt; Mäzen
 patron, protector, benefactor, backer, sponsor
 Sie hat einen reichen Gönner gefunden.

日本語でパトロンと言うと、あまりイメージの良いものではありませんが、英語だとただ単に経済的に支援をする人という意味になります。

見返りを期待することなく(本心はともかく・・🤣)、人や組織などを経済的に応援をする人・支援者・スポンサー、ということですね。結構よく出てくる単語なので、覚えておいて損はないと思います。

巷 SNS界隈ではご褒美が流行ってる?

goennen

こんなハッシュタグを見たことありませんか?

#gönnichmir

文に直すと,

  • Ich gönne mir.

Instagram とかTwitter でこのハッシュタグで皆が色々投稿しています。

やっぱり一番多いのは食べ物の写真のようですね。やっぱり、自分に何か特別なご褒美と言うと、食べ物が一番多いのは世界共通のようです。

最後に確認!

この2つの文を比べてみましょう。

Lass uns ein Eis essen! VS Gönnen wir uns ein Eis!

このニュアンスの違いが説明できれば、gönnen に関してはもう無敵!

たのドイツ語学習者に教えてあげましょう!

これだけはスラスラと言えるようにしよう!

声に出してトレーニング!

  • Gönn dir!
  • Heute gönne ich mir.
  • Gönnen wir uns ein Eis!

お疲れ様でした。では、また次回!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました